Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

2008-04-27ギター趣味人

更新報告・予定

////////////////////////////////////////////////////////////

2008-05-26

下記のとおり、一旦4月27日に終了しましたが、

その後、中身を読み通しながら、自分

通常のブログの方に移し変えました。

http://d.hatena.ne.jp/y1kirihara/09991229

中身も結構書き換わってます

興味のある方は目を通してみてください。

(8~9割方は同じものですが)


2008-04-27

あとがき

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000901

をアップしました。

これにて完です。

読んでくれた方ってどれくらいいるのか

わかりませんが、深く御礼申し上げます



<はじめての方へ>(詳しくは以下/////////のあとの説明をお読みください。)

エッセイ最初のページは以下です。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/09991230

こっから読んでいただき

読み終わったら「次の日」を選択していただくと

順じ、お読み頂けます

途中から読みたい方、どんなのが書いてあるか、まず目次がみたい

方は、以下へどうぞ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/20080426

////////////////////////////////////////////////////////////



本書「はてなグループギター趣味人」について

////////////////////////////////////////////////////////////

この「はてなグループギター趣味人」は

はてなダイアリー形式で、日付毎に書かれていますが、

日記ではなくて、エッセイです。

日付は章と項目の代わりです。


以下に示す、8つの章で書かれています

各章は、

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/20080426

クリックして移動できます。)

に詳細の目次をのせてますが、

3~10の小項目をもっていて、

それぞれが1日分として記載されています


・はじめに

・第1章 ライブ

・第2章 日々ギターを楽しむ

・第3章 演奏スタイル

・第4章 ギタリストの道具考 

・第5章 演奏聴く

・第6章 個人的音楽

・第7章 ギター探しの旅

・第8章 夢

あとがき


目次のページから、各章、節に

リンクが張られていて、

それらをクリックすると、当該ページへ飛べます


なお、一応草稿は完了してますが、

推敲校正しながら、ちょっとずつ

アップしていきます

リンクが張られているところ以外は、

おいおい更新されていきます


なお、内容は、筆者である自分

きまぐれで、どんどん書き換わっていく可能性ありです。

変更履歴は以下参照ください。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/20080425

////////////////////////////////////////////////////////////



<注意事項>

・すべての文責と著作権管理人のy1kiriharaにあります

・他の文章から引用については、できるだけきちんと

 記載していくつもりですが、問題点などございましたら、

 ご連絡ください。

/////////////////////////////////////////////////////


since 2007/03/25 日記公開




<y1kiriharaメモ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/09990427

2008-04-26目次

目 次

はじめに

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/09991230


第1章  ライブ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/09991231


1-1  初めてのクラスタフリーコンサート

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000101


1-2  クラスタが好きなわけ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000102


1-3  あがるということ…緊張について

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000103


1-4  テイクオフ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000104


1-5  人前で弾くこと

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000105


1-6  伝えたいものは・・・なにを弾くか

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000106


1-7  観客とは・・・

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000107


1-8  ライブの後のひととき

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000108


番外コラム-1  百貨店デパートの魅力とは・・・

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000120



第2章  日々ギターを楽しむ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000131


2-1  日々のギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000201


2-2  仕事・生活と趣味ギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000202


2-3  忙しさとギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000203


2-4  休むことの意味

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000204


2-5  自由時間に思う

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000205


番外コラム-2  執筆環境パソコンの瀕死

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000220




第3章  演奏スタイル

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000228


3-1  演奏スタイル

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000301


3-2  先生は必要?

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000302


3-3  練習について

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000303


3-4  作曲

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000304


3-5  オープンチューニング

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000305


3-6  編曲・アレンジ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000306


3-7  スペース 間

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000307


番外コラム-3  NCZカレー

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000320



第4章  ギタリストの道具考 

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000331



4-1  道具としてのギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000401


4-2  弦  ナイロン弦とスチール弦

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000402


4-3  つめ、ピック 

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000403


4-4  ピックアップ派かマイク派か

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000404


4-5  その他、カポ、バック、メンテ道具等

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000405


番外コラム-4  クラスタのメニュー

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000420




第5章  演奏を聴く

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000430


5-1  ライブの時代

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000501


5-2  ライブに行こう! 目利きの楽しみ 

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000502


5-3  プロの演奏アマチュアの演奏・・立ち上がってくるもの

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000503


5-4  初心者の音

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000504


5-5  フラメンコギターを聴いて

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000505


5-6  プロをめざす方達

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000506


5-7  懐メロ前衛音楽オリジナル

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000507


5-8  叩き系、タッピング

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000508


番外コラム-5 「すてきだな」と思うとき

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000520



第6章  個人的音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000531


6-1  芸術について

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000601


6-2  音以上のものが見える?

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000602


6-3  バッハ音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000603


6-4  透明な音楽映画音楽 環境音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000604


6-5  ジャズ 歌からの距離

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000605


6-6  日本音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000606


6-7  音楽を聴く環境について

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000607


6-8  音楽の探し方

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000608


6-9  音楽雑誌

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000609


6-10 バソコンと音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000610


番外コラム-6  万年筆

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000620


第7章  ギター探しの旅

7-1  私のギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000701


7-2  サイレントギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000702


7-3  試奏の楽しみ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000703


7-4  大量生産品と手工品

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000704


7-5  ギター探しの旅

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000705


番外コラム-7  美術館

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000720



第8章  夢

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000731


8-1  夢の演奏旅行

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000801


8-2  ライブハウス

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000802


8-3  ギター趣味人

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000803


あとがき

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000901

2008-04-25更新履歴

以下のアップ履歴です。

更新日と各内容の書かれている日付はリンクしてません。

1000年1月1日より、これを1-1(1章1項)として書いています。



更新履歴

--------------------------------------------------------

2008-04-27

あとがき

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000901

をアップしました。

これにて完です。

読んでくれた方ってどれくらいいるのか

わかりませんが、深く御礼申し上げます。


2008-04-19

「8-3  ギター趣味人

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000803

をアップしました。

これで終わりです。

楽しんで書けました。

またなんか、新しいネタ探して書きたいななんて

思ってます。

とりあえず、読んでくださった方、ありがとうございます。

あと、4月27日あとがき書いて、

〆とします。


2008-04-12

「8-2  ライブハウス

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000802

をアップしました。

歯痛で相当体調悪かったのですが、

なんとかアップしました。

次でいよいよ最後の節となります。


2008-04-05

「8-1  夢の演奏旅行

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000801

をアップしました。

今日はフィンガーピッキングデーです。

しかし、歯痛で体調いまいち・・・。

これで楽しんで、体調復帰するといいのですが。


2008-03-29

「番外コラム-7  美術館

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000720

をアップしました。

いつもは少なくとも一週間前には草案ができていて

そっから2、3回推敲、校正の上アップしているのですが、

今回は、今日ブログを書くみたいに書いたものです。

次から、最終章になります。


2008-03-22

「7-5  ギター探しの旅」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000705

祝!1年です。

このアップは、1週間に一度ときめて昨年3月25日

開始しましたので、ほぼ1年、無事続いたことになります。

で、終了は、当初の予想では4月27日前後として、

日記の最新日付を2008-04-27としたのですが、

実は04-27は自分の誕生日

そこに向けて、最終章に入っていきます。

・・・・その前に番外コラム、どうしようかな・・・・


2008-03-15

「7-4  大量生産品と手工品」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000704

をアップしました。

高価なギターはもちろん手に入れたいと思いますが、

自分のふところと、手軽に雑に扱える、

安価ギターのなかで、いいものを探しまくるのも、

現実的かもしれないなんて思います。


2008-03-08

「7-3 試奏の楽しみ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000703

をアップしました。

自分はギターの試奏が好きです。

書いていて、楽器屋に行きたくなりました。

明日、またどっかいってこようかな・・・

2008-03-01

「7-2 サイレントギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000702

をアップしました。

今毎日楽しめているのは、このギターのおかげ。

感謝をこめて書きました。


2008-02-23

「7-1  私のギター

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000701

をアップしました。

ギタリストは誰でも自分のギター

語ると、ひとつの物語ができるのでは、と思います。

自分の場合は、特徴のあるギター価格のすごいギター

相当の本数の売買経歴を有している方、などからみると、

「本当にささやかな」

もので、ちょっと恥ずかしいのですが、

今後、いつかは、続きをつくろう、

と思っています。


2008-02-16

「番外コラム-6 万年筆

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000620

をアップしました。

次の7章がギターについてなので、

同じように好きな道具である万年筆で書いてみました。

ギターとか万年筆って、お金あったらいくらでも

ほしいと思ってしまいそうです。


2008-02-9

「6-10 バソコンと音楽

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000610

をアップしました。

これは省略してしまおうか、どうしようか、迷いましたが、

とりあえず、今の気持ちを綴ろうということで。


2008-02-2

「6-9  音楽雑誌

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000609

をアップしました。

これはいいのですが、問題は次の節で

全体を書き直した6-8とダブるところがあり、

大幅修正は避けられない状況・・・

省いてしまおうか・・・と悩んでいます。


2008-01-26

「6-8  音楽の探し方」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000608

をアップしました。

実は、この節は昨年書いていたものをボツとして、

全体を書き直しました。

CDショップとか、リアル世界での探し方を

綴っていたのですが、昨今のウェブ進化

自分でも体感しており、自分自身、音楽を探すときは、

そちらの方に、より依存しているなあ、との実感が

あったためです。


2008-01-19

「6-7  音楽を聴く環境について」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000607

をアップしました。

文章の区切りで悩んでしまって、2つの項を

一つに纏めてしまいました。(目次変更)

なので、ちょっと長いです。


2008-01-12

「6-6  日本音楽」をアップしました。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000606

一応ここまでが、現状の自分の

音楽に関するエッセイのようなもの」

です。で、これ以降が「音楽環境に関する思い」となり

章をかえようか、と悩んでいます。

・・・とりあえず、このままいくか・・・


2008-01-05

「6-5  ジャズ 歌からの距離」をアップしました。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000604

ジャズはいろいろ解釈していい音楽だと

思っており、好き勝手書いてます。

でも、ちょっと書いてから期間をおいて見ると

書き換えたいところも、少なからずあります。

でも、きりが無くなりそうなので・・・

ある断面でアップとしました。


2007-12-29

「6-4  透明な音楽映画音楽 環境音楽」をアップしました。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000604

いわゆるBGMについて思っていることを

綴りました。今年はこれで最後。

読みに来ていただいた方に感謝致します。

また来年もよろしくお願い致します。


2007-12-22

「6-3  バッハ音楽」をアップしました。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000603

もちろんバッハをどうこういうものではなくて、

バッハを弾いてみての自分の気持ちみたいなものを

書いています。


2007-12-15

「6-2  音以上のものが見える?」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000602

もうすぐ今年も終わり。43回目の更新です。

ということは、今年は45回までの予定。


2007-12-08

「第6章  個人的音楽考」   「6-1  芸術について」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000531

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000601

第6章は、自分の音楽に対する考え、思いとかを纏めました。

もうちょっと短くまとめてもいいかな、とか、

他のところで書いたところとダブルかな、

とかいう部分もあるのですが、とにかく

自分が考えていることを、この章でまとめて書きたいという

思いがあり、思ったように書いたままにすることにしました。、



2007-12-01

番外コラム-5 「「すてきだな」と思うとき 」 をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000520

昔の想い出からです。


2007-11-24

5-8  「叩き系、タッピング系」をアップ。

これはおまけ的なもので、

いれるかいれないか、迷ったもの。

中身としてちょっと納得いってません。

今後書き換えるかも。

とりあえずこれで5章は終了。


2007-11-17

5-7  「懐メロ前衛音楽オリジナル」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000506

いろんなタイプ音楽を聴くときの

自分の聴き方を纏めました。

(あまり音楽ジャンル分けは好きではないのですが)

明日はクラスタフリーコンサート

楽しみです。

2007-11-10

5-6  「プロをめざす方達」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000506

そういう方の演奏を聴いて、いろいろ考えたことを

纏めてみました。


2007-11-03

5-5  「フラメンコギターを聴いて」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000505

アマチュアの上手な方の演奏は、特にライブで聴くと

とてもインスパイアされます。

ちょっとずつでも、そういった「刺激を受けた内容」

を自分の演奏に取り込んでいけたらな、

と常々思っています。


2007-10-27

5-4  「初心者の音」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000504

スキーとか、テニスとか、「始めたばかり」

の楽しさっていうのは、

なんでも格別だった気がします。


2007-10-20

5-3  「プロの演奏アマチュアの演奏・・立ち上がってくるもの」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000503

クラスタでのフリーコンサート

アマチュア15人×15分の演奏)

で、自分は自分の演奏自体ももちろん楽しいですが、

それと同時に他の方の演奏を聴くのが楽しみです。

そんな自分の気持ちを綴ったつもりです。


2007-10-13

5-1「ライブの時代」をアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000501

6章にもっていくか、迷いましたが、

5章の最初にもってきました。


2007-10-6

昨日の以下の考えから、いきなり1章にもどって

1-7 「観客とは・・・」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000107

をアップしました。

章、節の構成って難しいですね。


第5章で、

ライブの時代」というのと「観客とは・・・」

という題目の節を書いていたのですが、、

実はもともと、どっちも1章にあたるところで

書いていました。最初は4章くらいにしか

わけておらず、後で話題を整理して章を増やしたのですが、

そのとき、「観客」と言うことで、

5章、すなわち「聴く」ほうの章にいれたのですが、

明らかに、演奏者側から書いたものでした。



2007-10-5

第5章で、

ライブの時代」

というのと

「観客とは・・・」

という題目の節を書いていたが、

実はもともと、どっちも

1章に書いてあったものだ。

それをここに書き付ける前に再整理したときに

5章、すなわち、「聴く」

ということにスポットを当てた

章にもってきてしまったのだが、

(5章はあとからできた章なのだ)

観客とは・・・はあきらかに

弾く側から書いている・・・

ということで、これは1章にもどそうと決めた。

1章に「観客とは・・・」

を追加しよう。


ライブの時代は、5章のままでいくか、

6章にもっていくか・・・迷っている。


2007-09-30

「第5章 演奏を聴く」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000430

「5-1 ライブに行こう! 目利きの楽しみ」 

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000502

をアップしました。

音楽はやっぱりライブと思っています。

なかなか仕事が忙しくていきたいようには

いけないのですが・・・・


2007-09-23 「番外コラム-4  クラスタのメニュー 」

ちょっと一休みで、番外コラムです。

ギターネタでも、音楽ネタでもありません。

すいません。

次回から、また目次にそってアップしていきます。


2007-09-15 「4-5 その他、カポ、バック、メンテ道具等」

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000405

いろんな道具がありますが、それらは

こだわればこだわるほど、楽しさというか、

親しみというか、そんなものを感じるような

気がします。


2007-09-08 「4-4 ピックアップ派かマイク派か」をアップ

アコギについて書いているので、

エフェクターではなく、

ピックアップマイクに絞って書きました。

(題目変更しました)

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000404


2007-09-01 「4-3 つめ ピック」をアップ

すごく音に影響するんですよね。

自分は、いまだにいろいろ取り組んでいる状況です・・・。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000403


2007-08-27 「4-2 弦 スチール弦とナイロン弦」をアップ

メーカー別の感想も書こうかなと思いましたが、

あまりに煩雑になるかなと思い、やめています。

(ちょっとだけ残っていますが)

そういったことが途中であったので、

ちょっとまとまりの無い、文書になってしまったかな、

と反省しています。

でもまあ、正直な思いとして書いたつもりです。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000402


2007-08-19 「4-1 道具としてのギター」をアップ

もうちょっと記載しようかなとも思いましたが、

今週は家人の用事もあって、寝不足でばて気味。

それに第7章でも、もう一度書く予定の内容なので、

無理せず、とりあえずでアップ。

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000401


2007-08-12 「番外コラム-3 NCZカレー」をアップ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000320

今回は、力を抜いた番外コラムです。

クラスタのもう一つの魅力、マスターの

創造性豊か(?)な創作メニューの話。

こういう遊び心は、

きっとギター演奏にもいい効果があるに

違いない・・・と思っています。


2007-08-5 「スペース 間」をアップ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000307

これで第3章は終了。草稿は最後まで書き終わってますが、

自分で読むと、読むたびにずいぶんいろいろ

内容を修正しています。

本当はもっとペースをあげて更新したい気も

しますが、この修正を考えるととりあえず

このペースでじっくりいくのがいいのかな

と思っています。


2007-07-28 「3-6 編曲・アレンジ」をアップ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000306

作曲楽しいが、こちらも楽しい

ある曲を自分なりにアレンジして楽しむという

ことについては、ギターはとてもいい楽器だと思う。

そんな気持ちを綴ってます。


2007-07-21 「3-5 オープンチューニング」をアップ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000305 

オープンチューニングは、大学生のころ、つまり、

今から20年くらい前にはまってました。

また、チャレンジしてみようかな。


2007-07-14 「3-4 作曲」をアップ

http://guitar-shumijin.g.hatena.ne.jp/y1kirihara/10000304 

作曲というのは、非常にプライベートな内容だな」

ということを書いていて感じました。

・・・書くのが難しい・・・。


2007-07-07 「3-3 練習について」をアップ

 多くの方に読んでいただきたいな。

 それも一つのいい出会いでは・・・

 との思いから、七夕7月7日のアップにしました。


2007-07-01 「3-2 先生は必要?」をアップ。

 自分は先生についたことは無いのですが、

 思っていることを書いてみました。


2007-06-23 「第3章 演奏スタイル、3-1演奏スタイル」をアップ。


2007-06-17 「番外コラム-2 執筆環境パソコンの瀕死」をアップ。


2007-06-10 「2-5 自由時間に思う」をアップ。

 考えると結構哲学的な思考に入ってしまい、

 いろいろ考えてしまいました。

 これをつらつら書けば大変読みにくいと思い、

 ばっさり切ってますが、それでもそういった迷いが

 現れてしまっているかも・・・。


2007-06-03 「2-4 休むことの意味」をアップ。


2007-05-29 「2-3 忙しさと感性」を改訂。

        勢いで書いていたところを、きちんと修正しました。


2007-05-27 「2-3 忙しさと感性

 この節は、あんまり草稿から変えずにアップしました。

 普通に忙しいサラリーマンなので、忙しさについては、

 普通に書ける?・・・・


2007-05-20 「2-2 仕事・生活と趣味ギター


2007-05-13 「2-1 日々のギター


2007-05-06 「第2章 日々ギターを楽しむ」を2章の導入部として


2007-05-04 「番外コラム-1 百貨店デパートの魅力とは・・・」


2007-05-02 「1-7 ライブの後のひととき」


2007-04-29 「1-6 伝えたいものは・・・なにを弾くか」


2007-04-22 「1-5 人前で弾くこと」


2007-04-15 「1-4 テイクオフ」(目次項目は変更)


2007-04-08 「1-3 あがるということ…緊張について」


2007-04-01 「1-2. 自分がクラスタを好きなわけ」


2007-03-25 記載開始。「1-1 初めてのクラスタフリーコンサート


---------------------------------------------------------



1000-09-01あとがき

このテキスト、「ギター趣味人」は、

2006年1月4日に書くことをはじめた。

従い、2008年4月27日書き終わったとして、

ほぼ2年5ヶ月ちょっとずつ書いてきた。

インターネットに公開開始は、2007年3月23日

1週間に1節ずつアップすることを1年ちょっと

続けた。

感想としては、自分は、文章を書くのが

好きなのだということがわかった。

書くことは思ったより楽しかった。


今読み返してみると、

「今しか書けなかったもの」

であったと思う。


加えて、自分として、

趣味ギターの再出発」

のような意味がのあるもの

だったかな、と思えている。


2004年の5月のはじめ、

不注意で右肩鎖骨を複雑骨折をした。

不幸中の幸は、神経系はなんともなかったことだが、

かなりの重症で、

手術で鎖骨の心棒として金属棒を挿入。

その取り出しまで半年掛かった。

金属芯をはずした時点で、右手は

へそから上に痛くて上げられない状況、

つまり、ほとんど「きをつけ!」

の状態から動かせない状況だった。

従い、更にリハビリが必要で、

まあまあ普通の生活ができるまで

3ヶ月くらいかかった。

だから、以前と変わらない状態になるまでには、

ほぼ1年くらいかかっている。


この期間の大半・・・リハビリ途中にはどうしても

弾きたくてギターを弾き始めたが・・・・

約7ヶ月間、まったくギターが弾けなかった。


ギターを弾き始めたとき、

全くの初心者とは言わないが、

以前と比べてずいぶん下手になっていた。

(以前だって、それほどうまくないが)


そのギター再開したとき、自分は

『もう一回、ギター初心者から、再出発』

だったのだと思える。

それは、技術的な面だけでなく、

弾けなかった期間、ギターとか、趣味とか、

いろいろ考えており、弾きたくて仕方なかったこと、

弾くことは自分にとってどういうことか、

等々考えをもっての再出発でもあった。


その結果が、このテキストに繋がっている。

改めて、楽しかった。



さて、次、なにしようか。


2008年 4月 27日  完。

1000-08-038-3  ギター趣味人

ギターとは

/////////////////////////////////////////////// 

演奏の幅が広く、奥が深い。 

単音の表現だけでも、相当いろんな音がだせ、

ソリストのようなこともできるし、

また、複数の音を一度に出す事もできる。 

打楽器としても使える。 

一人で楽しむこともできるし、他の人とあわせるのもできる。 

そんなことから、ベートーベン

ギターは、小さなオーケストラだ」

と言った。

///////////////////////////////////////////////

なんていうのが、ギターに対する一般的な賛辞だろう。 


でも、自分は、技術的に一人オーケストラなんてとても無理だ。

なので、このような表現は、それは真実なのかもしれないが、しっくりこない。 



自分にとってのギターというのは、

/////////////////////////////////////////////// 

たった6本の弦で、自分の演奏技術としては、

できる演奏も限られている。

でも、そうでありながら、

とっても豊かな世界を表せる可能性を感じる。 


俳句みたいな感じといったらいいのだろうか。

俳句は「たった17文字」という制限の中で豊かな世界を表す。 


あとは書道とか。

白と黒のみ、という制限の中で、

究極のバランスや、スピード感まで表現してみせる…。 


ギターもそういった風に楽しめるものと思っている。

/////////////////////////////////////////////


このテキストを書こうと思ったわけ 

ギタリスト人口というのは、楽器をたしなむ人の中で、

一番割合が多いのではと思う。

楽器店での売り場面積や、

住宅環境を考えると、あながちはずれではなかろう。

そして、99%以上はアマチュアだ。

だから、アマチュアの方が日々楽しんでいることを

綴った本があってもいいなと思って探してみた。

しかし、見当たらなかった。


ギターを弾く人は多くても、

「永くギターを楽しんでいる人」というのは、

それほど多くないのかもしれない。


みんなギターを始めた当時、

多くの方が中学生とか高校生の時だと思うが、

「うまくなるのが実感できていたとき」

は、楽しい


ギターでなくても、学校勉強でも、

自分からすすんでやって、上達が実感できるということは、

楽しいものだ。


しかし、うまくなるのが限界になったとき、

(そんなことはないと思うのだが、そう思ってしまったとき)

「何が楽しいのか?」

が分からなくなり、趣味でなくなっていく。

ギターギターケースの中で冬眠となる。 


自分はアマチュアギタリストであるが、

ギターを弾くことを日々楽しんでいる。

その楽しみは、

「上手になることが楽しい

といったことは、無くは無いが、

さすがに40歳を超える自分では少ない。

それに、上述のように、自分はギターオーケストラのようには

とても弾けないということは、さすがにわかる。


でも、これも何度か書いてきたことの繰り返しになるが、

楽しさは上手さだけではない。


思い切って、「人前で弾く」ことをしてみるとわかる。

またそこまでできなくても、

「人前で弾いている人の演奏を聴く」

ことをしてみると実感できる。 


上手になるということより、むしろシンプルに、

音楽するのが楽しい

その楽しさを伝えたいと思った。 



表現すること 

自分は、芸術というか、表現することは、

人間にとって、なくてはならないものと思っている。

意味があるかどうかわからないが、

表現したいと感じるもの、そこから芸術が始まると思うが、

それがない社会なんて、生きている気がしない社会と思う。 


仕事で自分を表現することは、もちろんしていかなくてはならない。

それは、表現することで、社会貢献し、

お金を稼いで、家族を養って、生きていくことだ。


でも、その生きていくなかには、

社会貢献するかどうかなどまったくわからないけど、

 生活のなかからでてくる表現したいもの」

というのが、いろいろでてくる。

みんながそうかはわからないが、自分はそうだ。


それらを

「忙しいから」

といって埋没させるのではなく、

なんらか表現していくことをいきたい。

それこそが楽しさであろうから。

もちろん生活の中の

「許される時間お金の範囲のなかで」

ということになるが、そういう許される状況があるのであれば、

やっていきたい。



いい社会に 

いま自分がギター趣味で楽しめるのは、

日本社会平和であること、そしてギターライブなんかを

楽しめる文化的な成熟あってこそと思っている。 


でも今のこの日本社会をみてみると、

自殺者は年間3万人を超えたということだし、、

豊かな暮らしとは、金持ちの暮らしみないな感があって、

違和感もある。

ワーキングプアとか、格差問題もでてきている。 


自分はこの章で自分の夢として、

「演奏旅行を将来してみたい」

と書いた。


それは今の平和がずっと続いて、

音楽を楽しむライブハウスが、社会から

楽しい場所だ、と認知され続けられていくことが必要だ。

自分はそういう街に住みたい。



御礼

以上で、ギター趣味人、完です。


ここまで読んでいただき、

まことに、ありがとうございます。


以上。