Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-01-081-8  ライブの後のひととき

ライブの後のひととき。

自分にとっては、毎月の行事としている

クラスタでのフリーコンサートの後の雑談の時間。 


大体、いつも、20人前後のお客さんがきて、

うち15人が演奏するといった感じ。

なので、演奏していた人が、7~8割を占める。 

自分演奏なさった方、また、聴きにきているだけの方もいらっしゃるが、

みなさん、よい方ばかりで、自分は、その方々との雑談楽しみになっている。

ある日のクラスタでのフリーコンサートの自分の日記を紹介しよう。

////////////////////////////////////////////////

クラスタフリーコンサート。楽しかった。

今回も実に多様な演奏が楽しめた。


~中略~・・・

聴衆として演奏だけでなく、

音の出し方からして、その人の性格がでているものだな、

と思った。

好みとして好きなのは、MGさん、MKさん、KMさん、TMさん。


MGさんのクリアな模範演奏は相変わらずさすが。


MKさんは音が好き。”マーチンのあの音”

を出し切っている。

音自体きれいであるが、”やさしさ”を感じる音だ。

演奏後いろいろ話もできたが、

MKさんが音に対するこだわりも好きだ。


KMさん。とにかく音がでかい。

”音を出す気持ちよさ”というシンプルな気持ちよさが

ストレートに伝わってくる。

その熱さからはいつも元気を頂いている。


TMさん。クラシックギターの達人なのだが、

技術的云々を別にしても、曲に対する思い入れといったものを

すごく感じる。

オリジナルアレンジが特に好きだ。

時々の出演だが、毎回楽しみにしている。


他の方も面白かった。毎回思うが、

自分にとっては、それほど好きでないプロの方の演奏より、

フリコンのほうが楽しめるのかも。



『次の課題は・・・』

演奏が終わった後の雑談

MGさん:「もっと1つの曲を磨いたら?

      もうちょっとがんばれば、すごくよくなるのに。

      でも、本人の考え方だから・・・。

      どれくらい1つの曲に入れ込むかは

      好き好きなんだろうけどさ・・。」

MKさん:「自分の音を録音して聴いてる?聴くの大事だよ。」


自分の今回のテーマ

「ルバートの曲を感情をこめて弾く」

であったのだが、これはできた。演奏直後、

「のってましたね。気持ちよさそうでした。」

との声をかけていただいた。

で、次の課題もみえた。 


MGさん、MKさんのコメントはずばり、核心をついている。 

最近自覚した「今の自分に足りないこと」

として何日か前の日記に書いた。

それは「磨くこと」。

部屋の掃除をしていて気づいたことだ。

これは自分の仕事、実生活を省みて書いたのだが、

実は、ギターも全く同様だ。

 

『「ここが楽しい。」「ここが美しい」と感じたころを、

 瞬間的になんとか出力する』

というところは大好きなのだが、

そのおいしいところを、「継続して磨く」

ということが足りない。

そうじが苦手な性格が音楽にもでているのだろう。

というか、音楽は自分を写す鏡みたいなものだから、当然か・・・・。


しかし、できない原因は、自分の性格にあるのだから、

直すのは大変だ。 

気がつかなければ、また、気にかけなければ・・

直しようはない・・・・・・。 

だから、MGさんの

「好き好きなんだろうけどさ・・・」

とのお言葉は重い。 

性格は、おいそれとは直せないんだろうけどさ・・・

ということだろうが、それは、「薬は無い」ということだ。 

ご本人はそういう気持ちで言っているかどうかは定かではないが、

自分としては、まさに自覚したタイミングであったので、すごく響いた。 


しかし、自分で気がつかないのが、

自分の性格・・・

なにせ、40年そういう性格でやってきたのだから・・・

と心のなかで葛藤を感じた瞬間、MKさんから、

「自分の音を録音して聴くのが大事」

との話。うっ・・・自分の心の中がなぜわかるの???・・・

というような意見・・・。

「プロの方からいわれたんだ。自分の演奏聴くのはすごく大事」

とのこと。

「そうだよな・・・」

と心の中で納得してしまった。  

以上のようなやりとりがあって、

ものすごく充実した時間だった。 

この課題にはおそらくゴールはない。

昨日の自分よりよくしたいということをずっと継続するのみだ。

1年後、いや、数年後でもいい。

改善を自分で実感できたらすてきだろう。


みんなに感謝

///////////////////////////////////////////////////


以上、2005年の冬ごろの日記より。 


雑談をするみなさんは、

自分で演奏しようとするような方、

もしくは、しろうとの演奏をわざわざ聴きにくるような方である。

それぞれすばらしい感性をお持ちだ。

そして、お酒がちょこっと入ったりして、

本音で話ができるとき、

それは、かけがえのない瞬間となる。  

ライブの後のひととき・・・・本当に楽しい時間。