Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-02-20番外コラム-2 執筆環境パソコンの瀕死

2章が終わったところで、1章のときと同様、

「ちょっとわき道にそれた話題をコラムとして」

綴ろうと思う。


自分はつくづくいい時代に生んでもらった。

今だからこそ、自分みたいな頭でも、

つっかかりつっかかり、このような文書を

つくることができる。

一昔前の「紙と筆記具」の時代であれば、

自分のように書き換えまくりながらでないと

文章を仕上げられないものには、エッセイなど

逆立ちしても書き得ないものと思う。


ということで、とても気分よく

パソコンを使っているが、

そのパソコンが不調になると大変困る。


そういうことが実際起こってしまった

きのことをコラムとしてみた。


パソコン瀕死

何日か前、死にかけたパソコンは、

中身空けてみて、いろいろやって立ち上がったが、

そのときは、

「おそらく壊れているのは電源かファンだ」

と予想し、CPUファンを替えた。

市販のものを改造してしまうことになるが、

多分大丈夫だろうということで替えてしまった。


ちょっと古いパソコンなので、同じ仕様のファンはみつからず、

やや消費電力が小さいものと取り替えた。

結果ベリーグッド。

問題なく立ち上がるようになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・


と思っていたのだが、本日、朝からまた

起動できなくなった。


一瞬起動するのだが、ファンが回りだすと

1秒くらいでだめ。


困った。


でも・・・・

そうか、電源が傷んできて、最初のファンの

回り始めのときのパワーが出し切れないのでは・・・

と思った。


そこで、荒業。

掃除機をファンにあて、無理やり回転させた

状況として、PCスイッチオン・・・・


やった、復活!!!


一瞬すごく嬉しかったのだが・・・


すぐに「でも・・・」と思う。


これから毎日、

掃除機で、パソコン立ち上げるのか!!?

家内に相談したら、本気か?と怒られた。


・・・・・・・・・・・・・・


さて、どうするか・・・


パソコンを新しく買うか、電源を交換するか・・・


自分で、電源の仕様を調べて、

交換なんてことできるのか・・・

万が一、立ち上がらなかったら、電源の費用は

無駄になるぞ・・・

それより、今やっと立ち上がったPC・・・

再度電源落としたら、今度こそ

立ち上がらないかも・・・・・

・・・・・


以上、24日AM

PMにつづく・・・・。



パソコン救出その1>型式を探せ

というわけで、昼飯食べてから、

パソコンの電源調査。


電源落とすと、2度と立ち上がらないかも

しれないから、動いているままのパソコン

中身を慎重に慎重にみていく。

電源の型式を探す・・・・

あった!


でも見にくい・・・・


ということで、ケータイで接写。

型式ゲット!!


その2>インターネット調査だ!!

同じ型式の電源は売っているだろうか・・・

知識はなくても、インターネットがある。

型式を入力して、リターンキーを押す。


うおお・・・3万件!!


パソコン組み立ててる人ってたくさんいるのね・・

と思いながら調査開始・・・

結構メジャーな機種じゃん!

大丈夫かも・・・と思ったが、

すべての記事が2001~2002年。

そんでもってSFX型という、

ちょっとメインからははずれた

機種・・・。やばいかも・・・・

でも、必死に探して、にわか電源博士になったぜ!!

・・・少し疲れた。・・・・


結論:

同じものはもう売っていない。

でも、互換性のあるのはとりあえず、

見つかりそう。

うまくいくかどうかは????

さて・・どうするか・・・



その3>いざ、電気屋へ

15時。昼から爆睡してた家内が起きた。

で、質問。


自分:「夢ん中で神様はどうしろっていってた?」

家内:「電源買ってみろってさ」


ということで、

電源を交換して修理するという賭けに

でることに決定。


カラープリンタで打ち出したインターネット

の画面コピーを握りしめ横浜西口ヨドバシカメラ

3階、パソコン部品コーナーへ。


ATXというのが一般的な仕様みたいだが、

SFXというのは、マイクロATXというやつらしく、

著しく機種が少ない。

やっとひとつ見つけるが、

果たして上手くいくかどうか・・・・

・・・・・・・・・


優柔不断なので、ここまできて

また悩む。


新しいパソコンを買って、

電源つけたまま、

「お引越しソフト」にて、

ニューパソコンを自分のパソコン

という手もあるぞ・・・


でも、そうしたら、ニューパソコン

少なくとも5万円以上の出費だ。

どうする・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

散々悩んだ挙句、7千円の電源交換で

いくことにする。


家内「本当に大丈夫か?」

自分「神様はきっとやさしいよ」


ということで、電源を買って帰った。



その4>オペ開始

覚悟を決めて電源を落とす。

パソコンアイロン台の上にのせ、

電源交換手術開始。


古い電源のコネクタを1つ抜いたら、

それと同じ新しい電源のケーブルを

挿していく。


それが何用なのかなど

関係なし。「ケーブルの色が同じ」ということだけを

たよりに作業を進める。

・・・・・・・・・・


途中どうしても、手が届かなくなると、

そのまま、電源を空中にキープしたまま、

他の部品を取り外しにかかる。


なんという無計画。

空中キープをさせられている家内

視線が冷たい・・・


そうこうしながら、何とかオペ終了。

そして・・・・電源オン!


カカカカカカカカカカ

という異音発声


「やべー電源落とせ!!」

1回目オペ失敗。

ファンの取り付けが

ゆがんだか、ケーブルが接触したか

してしまったようだ。

でも、電源は入るみたい・・・


気を取り直して、もう一度

部品を取り付直し。

そして2回目・・・・


祝!パソコン復活

キューんという音を立て、

パソコンが立ち上がった。

以前と遜色ない、画面展開で

立ち上がっていく。

よかった~。

17:37分作業完了。

家内コーヒーいれてくれた。

よかったよかった。


-----------------------------------

なんてことで、

パソコンも今や生活になくてはならない

道具になった。


ちなみに、上記のパソコンは、それから

1年間元気に働いて、その後、

ちょっと調子が悪くなってきたところで、

現在使っているパソコン選手交代した。

「お疲れさまでした!」


その間、自分はこういったエッセイ

ブログ趣味というか、生活の一部となり、

「どこでも書く」ということから、

無線インターネットに繋がるノートPCになった。


これからも”筆まめ”ならぬ、”PCまめ”(ちょっといいにくい)

でいこう。