Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-05-085-8  叩き系、タッピング系

この節は第5章の最後におまけとして、

このところよく演奏を聴くようになった、

叩き系、タッピング系の方について、

その方たちの演奏を聴いて思ったことを綴ろう。 


叩き系、タッピング系の方の演奏を

聴く機会がこのところ増えた。

マイケルヘッジスからの流れで、

プレイストンリードを始め、

多くのギタリストがこの奏法を研究して、

日本でも中川イサト氏から

押尾コータロー氏への流れがある。

この奏法も、もう十分市民権を得たといっていいだろう。

 

自分が実際に生でみた

叩き系で極端な方は、城直樹氏で、

プレイストンリードと同様、叩き専門だ。

クラスタフリーコンサートでは、

彼のお弟子さん(ちなみに女性の方)

が氏の曲を披露しているのを何回かみることができた。

 

他の方では

名前を失念したが、両手でそれぞれ2本のギターを弾くという

すごい方もいた。


いずれも楽曲はすばらしいもので、

当然ながらリズム的に面白く、

さらにビジュアル的にもインパクトが大きい。

ストリートなんかでやっていても、

音量がきちんとでていれば

足をとめて見入ってしまうだろう。


ただ、自分の感想としては、

そこまで高めている方は

なかなかいない。


やはり本質的な難しさがあるのだろうと思う。

また、演奏者としての耳できくと、

「叩き、タッピングだけというのは

 飽きてしまうかもしれない」

という気持ちも持っている。

この手の曲は、曲としての仕上がりの変化としては

少ないのではないだろうか、

と考えてしまうのだ。 


叩き、タッピングでは両手を使うことから、

音数の面では有利で、

出せるフレーズの幅が格段に広がる。

これが利点だろう。


しかし一方、音色の表現としては、

かえって幅を狭めてしまっているような気もする。 


つまりこういうことだ。

サックスピアノを比べると、

1音で表現できるものはサックスの方が上だ。(と思う)

ピアノはその変わり複数の音を同時に出すことができる。


ギターは「これらの中間」と自分は思っているのだが、

タッピングだけに特化してしまうと、

ピアノ系のみで、サックス系の1音での表現力

を小さくしてしまっている気がする。

もっと具体的に言うと、音の大きさのコントロール

弾く位置や爪の当て方にによる音色の違い、

グリッサンドのような装飾音、

こういったものこそが、

その演奏者の表現のひとつだと思うが、

こういったものが、タッピングでは出しにくい。


もちろん、タッピングによって、

リズミックな面での表現が格段に広がるので、

そちらを追っているということは、

十分わかる。

でも、それのみになってしまわないかな

という気持ちも同時にもってしまうのだ。 


自分も実はタッピング系の曲の

作曲チャレンジしたことがある。

自分は、演奏ではメロディーを美しく歌いたい、

と常々考えているのだが、

そういう、音色の変化がいまいち表現できない

感覚をもってしまった。

(・・・と自分の技術では言わざるを得ない)


まあ、マイケルヘッジスとか押尾コータローレベルまでいくと、

もちろんタッピング音もコントロールされていて、

叩き、タッピングも「その音がほしかった」

という音楽魂ゆえということがよく分かるので、

なにもいうことはない。


以上より、自分としての結論は、

叩き系、タッピング系もギターの奏法の中の一表現として、

バランスよく使うのがいいのだろうなと思う。

(・・・当たり前すぎ・・・)


なお、聴く機会としては、自分の感覚としてだが

2003年くらいまでは、アマチュアの方でも

とてもたくさんのタッピングの方を

聴く機会があった気がする。

モーリスのフィンガーピッキングデー

なんかでも、半分か、それ以上の方が

タッピングを使った、というか、

それがほとんどといっていいような

曲のように感じた。


しかし、それ以降は、その反動だろうと

思うが、タッピングに終始しての曲

というのは、減ったと思う。

今はタッピングを入れるとしても

それだけではなく、楽曲の一部として

とり入れるといった使い方になっている。

どんどんかっこよくなっている。


ギター打楽器

ほんと、そう思う。

うまく使っている方の演奏を聴くと

その心地よいリズムに、体が動き出しそうになる。


このごろ圧倒的に感動してしまったのは、

トミーエマニュエルの演奏。

一曲叩きまくりだけの曲があって、

DVDとかにも入っているのだが、

もうこれは、

完全に打楽器としかいいようがない状況。

・・・・文章にはとてもできない。


ギター打楽器みたいに使うやり方

というのは、その方のリズムのセンスみたいな

ものがとてもよく表れると思う。

楽しさみたいなのがストレート

現れてくる気がする。


自分もちょっとずつ、チャレンジしていこうかな

と思う。




PS

・・・・サイレントギターは、

これが練習できないところが弱点だな・・・・