Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-06-106-10  パソコンと音楽

パソコンの発展の恩恵については、

既に「6-8 音楽の探し方」である程度書いている。

そこでは、題名のとおり、

音楽を探すことにおいて、パソコンインターネット

の発達により、とても便利になったということを書いた。


本節では、聴く方ではなく、弾く方から

パソコン、というかコンピュータ進化で考えたことを

綴ってみる。


ただ、実は・・・・

自分はコンピュータパソコン

使ってつくる音楽、すなわちDTMというやつは、

かじってみて挫折した。

だから、正直いうと、自分はこれを綴ることが

できるような立場でないと思う。

なにしろ、

パソコン音楽をやるより、生ギター一本で音楽

する方が好きだ、ということをその挫折を

通して、痛感しているのだ。


しかし、

DTMというのは、パソコン楽器として使うことで、

本物の楽器ができなくても、自分の曲を作り、

アレンジをし、それを聴くことを楽しめるのだ。

また、その他にもコンピュータ進化により、

各種エフェクターや、録音機材は格段に安く

そして、多機能になった。

考えるところはいろいろある。

そういうものを綴ってみる。 


なお、今のコンピュータ技術進歩スピードはすさまじい。

だから、あっという間に状況は変わるかもしれないので、

とりあえず、「今は」として綴ることにする。

(今、2008年 2月)


コンピュータ進化;できることとやりたいこと 

画家は、写真という技術を目の当たりにしたとき、

どのようなことを思っただろう。


写真が無かった時代、目で見たものを、

見たとおりに紙の上に現すことを

仕事としていた人がいたに違いない。 

そして、その人達の中には

写真で職を失った方がいただろう。 


「目で見たものを、そのまま紙の上に書ける」

というのは、すばらしい才能だが、

それだけでは飯は食べていけなくなったに違いない。


音楽についても、ある意味似たような状況になったと思う。

やろうと思えば、音色ひとつでも、倍音の構成から、

リバーブコーラスといった残響音みたいなものまで

自由にアレンジできる。

出音タイミングなども100分の1秒単位

つまり、人間の聴覚で判別限界以上での

調整まで可能となっている。

また、

サンプリングされた一流の音を組み合わせて、

 自分の好きなように音楽を作る」

という技術もずいぶん進歩している。


つまり、

やる気と時間さえあれば、

なんでもできてしまいそうな感じに思える・・・。

(もちろん、加えて「才能」があり、これが一番重要なのだが)


DTM 

上記のような状況から、

パソコン音楽をやるのを趣味とする方も多い。

DTMデスクトップミュージックというやつだ。

楽器が弾けなくても、パソコンがあれば音楽が楽しめる。

音楽楽譜(もしくは楽譜に変わる記譜法で)

にする能力と、時間さえあれば、

すごい音楽が創れる。・・・かもしれない。

(つまり加えて音楽才能があればということ)

いい時代だと思う。

音楽が好きだけど、手先が不器用楽器ができないとか、

また不幸にして身体的に楽器が出来ない人でも、

表現として音楽を創る事ができるのだ。 


自分もDTMチャレンジしてみたことがある。 

それほど高価でないシステムだが、

音源ソフトを手に入れ、打ち込みをやってみた。 

その結果、やってみてこそ分かるのだが、

本当に楽譜どおりに打ち込まれた音楽

正確に楽譜どおりに演奏される音楽は、

はっきりいって聴けたものでなかった。


実は聴かせるに耐えうる音楽というのは、

それなりに「DTMとしてのテクニック」が必要だとわかった。


こういったことを経験してみて改めて思う。

人間感性というのは、とてもすばらしい。

 人間がいいと感じるのは、そんなに簡単じゃない」

と。


以上のような経験と感想は、

DTMをやった方のほとんどがもつものではなかろうか。 


結局、自分はDTMは夢中になれなかった。

もう一つ大きな理由があって、それは、

DTMで聴かせるに耐えうる曲を仕上げていくのは

時間がかかるということだ。


自分の能力だと、

「2週間かけて3分のフレーズを創る」

といったスピードがせいぜいで、

楽しさを感じるどころではなかった。 


もちろん ちょっとずつ、作品を仕上げていく

プラモデルの作成に似た楽しさがあるのはわかった。

そして、何しろ

やはり出来上がった瞬間はうれしい。

しかし、その労力とできあがった曲、

そしてもしそれをもっと光らせていく為には・・・

と考えてみて、ずっと趣味で続けていくには、

自分の性格では、無理だと悟った。

いつか必ず苦行になっていってしまうなと思ったのだ。 


作曲楽しいが、演奏もたのしい。DTM時間を費やすより、

ギターの演奏がうまくいかん」

といって、悩んでいるほうが、自分としては楽しい

ということだ。


それと、「自分は」ということで綴るが、

音楽においては

即興性」を期待しているところがあり、

DTMでの作曲」というのは

この期待から最も遠いところにある

ということも感じてしまったのだ。


パソコンギター 

結論として、自分はDTM音楽するより、

ギター弾いているほうが、性にあっている。

それでは、ギタリストにとってパソコン

コンピュータ技術などいらないかというと

そんなことはないと思う。 


自分にとって一番楽しめそうなのは、ギターシンセだ。

たまに楽器屋でギターシンセの試奏ができると、

いつもはまってしまう。

音楽やる人にとって、イマジネーションの第一の元は

なんといっても音色

その音色ワンタッチで、いろいろ音に変えられるのだ。

楽しい。 


ギターシンセ自動録音ループ機、

こういったものを使って、ソロパフォーマンスとしては

どのようなことができるだろうか・・・。

一度どっぷりとチャレンジしてみたい。

DTMより、はまれるのでは・・・と

自分としては、思っている。。


但し・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それを楽しむ為の一番の壁はお小遣いの金額。

チープ革命とはいえ、

ギターシンセはまだ、「かるーく趣味楽しみたい」

といって、じゃ、と買えるほど、

安くはなっていないし、自分は裕福ではないのだ。


でも、

いつか、そんなチャレンジが、悠々とできるようになりたい。

そう思う。


「思考は現実化する」


・・・・期待しよう・・・・。