Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-07-047-4 大量生産品と手工品

前節で書いたとおり、自分はギターの試奏が大好きであり、

時々御茶ノ水をはじめとする楽器店に出没して、

いろいろなギターを弾かせていただいたりするのだが、

手工品のスチール弦で数十万円以上、

時には、100万以上のものを弾かせて頂いたこともある。

そして

「確かに違う!!」

と納得した経験がある。

ナイロン弦のクラシックギターは違う世界があるので、

 あくまでスチール弦の話であるが・・・)  


職人さんの手作りはやはりいい、と納得するわけだ。


一方、1万円くらいのジャンクギターは別として、

3万円くらいから10万円くらいのアコースティックギターも試奏する。

こちらの質も、近年どんどんよくなってるいるなと感じる。

普段ギター弾いていない人に音のブラインドテスト(目隠しテスト

をやったら、価格とは違った評価がなされるかもしれない。


安い理由は、工場が人工費の安い

海外にあるからだろう。


そして、設計はおそらく

「最高の音がする1本のギター(設計手本)」

を基にして、それに

「強度上、壊れないような構造に設計しなおし」

て作られていることと思う。


手工品ギターは1本1本、木の選定、

タッピングや精密測定によるデータを生かした設計などを、

作家が「ベストな状況」を探りながら製作しているのだろうが、

大量生産品では、とてもそんなことはできない。

それでは値段は下がらない。


だから、大量生産ギターは、

木の材質の違いを確認していないのだから、

カタログ上の型番がいっしょで見た目は同じでも、

弾いてみると音が違う。

これは価格を下げる為には仕方のないことだ。  


しかし、こういった品質のばらつきということが、

試奏好きの自分にとっては、これはこれで、また面白い。

たまたま「手本にした最高のギター

と同じ性能のギターができてしまっているかもしれない。

事実、量生産品の中で、極たまにであるが、

「すごくいい」

ものがあったりする。

こっちの”極たまに”は、本当にたまになのだが、

試奏しまくっている内に

「この一本は違う」

ということがある。

本当に「安くて音がいい」ギターというやつだ。


同じギターでも所詮木でできているので、

材料と設計がたまたまグッドマッチングしてしまったという

偶然の産物」なのだろうが、

でも・・・、そういうのがでるってことは

逆に製品として、すごく悪いのもでる

確率もあるということでもある。


安くていいものを見つけるには、

なんでもそうなのだろうが、

最後は自分の耳、自分の判断となる。



安物の魅力

そんなことから、自分は安いギターも好きなのだ。

金持ちであれば、”こだわりの特注品”ばかりに囲まれるのも悪くないが、

今の自分は、まったくもってそんな状況でないし、

普段ばりばり使うというものについては、

安ければ安いほどいい、というのも本音だ。

ギターは道具なのだ。



もちろん、「飾り物」として扱っている例も

知っている。

つまり「コレクター」の方々だが、

あんまり賛同できないのだが、

コレクターの方の気持ちも

わからないではない。


数百万もするようなギターであれば、

慎重にしか、触りたくないだろう。

間違って落としでもしたら、

ギターの調子も落ちてしまうだろうが、

それ以上に、持ち主である自分の調子が

地の底、海の底まで落ちることは間違いない。


どうしたって、

「ぶつけないように」、

ギターを傷つけないように」

扱ってしまうと思う。


これは面倒だ。


道具は、さっと手に取れるところにあって、

いつでも触れる。

というのがいい。

ちょっとくらい雑に扱っても、

気にならない方がいい。


そしてもし可能であれば、

万が一壊してしまっても、

同じような代わりができるだけ安価

手に入れば最高だ。


これができるとすれば大量生産品だ。


もし、大量生産品の音を

「最高の音だ!」

と感じられるのであれば、

その方は、最高にハッピーだ。


本当にそう思う。


家内曰く

「そもそも素人の個人的な趣味なのだから、

 そんなにお金をかける必要なんてないじゃない」


・・・・・正論なんだろうな・・・・  


手工品:美しい道具

現状、手工品のギターは持っていないから、

憧れの気持ちしか書くことは出来ない。


自分は、本当にいい道具というのは、

その持ち主の生活全般に

影響を及ぼすものと思っている。


質のいい万年筆は、よし使おう、文章を書こう、

という気にさせてくれる。


いい運動靴があると、つい外出し、

運動したくなる。


本当に使わなくても、飾っておきたいと

思うくらい美しい道具は、

それを見たとき、気持ちを動かしてくれる。


机の上にグリッパーという

握力を鍛える器具を置いている人がいる。

そういう人は、いつもいつも暇を見つけて握っているか

というと、そういうわけでもない。

(そういう人もいるとは思うが…)


置いてあるのをみることで効果があるのだ。

時々それが目に入ったとき、

「体を鍛えよう!」

という気持ちを得るのだ。

その効果はけして小さくない。


美しい道具にはそんな力があると思う。


美しいギター、弾きやすそうなギターは、

思わず手にとって弾いてしまう。

そして、その音色製品としての質感などは、

ギター好き故、とても敏感に感じてしまう。


手工品のの丁寧なつくり、そしてそれゆえ生み出される美しい音は、

弾き手と一体になって弾き手の個性を生み出していくことだろう。

いつ見ても美しいと思え、

いつ弾いても美しい音と思えるギター・・・・


いつか、めぐり合いたい。