Hatena::Groupguitar-shumijin

ギター趣味人

1000-09-01あとがき

このテキスト、「ギター趣味人」は、

2006年1月4日に書くことをはじめた。

従い、2008年4月27日書き終わったとして、

ほぼ2年5ヶ月ちょっとずつ書いてきた。

インターネットに公開開始は、2007年3月23日

1週間に1節ずつアップすることを1年ちょっと

続けた。

感想としては、自分は、文章を書くのが

好きなのだということがわかった。

書くことは思ったより楽しかった。


今読み返してみると、

「今しか書けなかったもの」

であったと思う。


加えて、自分として、

趣味ギターの再出発」

のような意味がのあるもの

だったかな、と思えている。


2004年の5月のはじめ、

不注意で右肩鎖骨を複雑骨折をした。

不幸中の幸は、神経系はなんともなかったことだが、

かなりの重症で、

手術で鎖骨の心棒として金属棒を挿入。

その取り出しまで半年掛かった。

金属芯をはずした時点で、右手は

へそから上に痛くて上げられない状況、

つまり、ほとんど「きをつけ!」

の状態から動かせない状況だった。

従い、更にリハビリが必要で、

まあまあ普通の生活ができるまで

3ヶ月くらいかかった。

だから、以前と変わらない状態になるまでには、

ほぼ1年くらいかかっている。


この期間の大半・・・リハビリ途中にはどうしても

弾きたくてギターを弾き始めたが・・・・

約7ヶ月間、まったくギターが弾けなかった。


ギターを弾き始めたとき、

全くの初心者とは言わないが、

以前と比べてずいぶん下手になっていた。

(以前だって、それほどうまくないが)


そのギター再開したとき、自分は

『もう一回、ギター初心者から、再出発』

だったのだと思える。

それは、技術的な面だけでなく、

弾けなかった期間、ギターとか、趣味とか、

いろいろ考えており、弾きたくて仕方なかったこと、

弾くことは自分にとってどういうことか、

等々考えをもっての再出発でもあった。


その結果が、このテキストに繋がっている。

改めて、楽しかった。



さて、次、なにしようか。


2008年 4月 27日  完。